advice
ご提案事例



業種に合わせたアドバイス

新商品の開発のヒントになる新しい食材やレシピ提案など、きめ細かなサービスを行っています。


ニーズ

大手量販店向けに、さまざまな麺商品を使った総菜ミールキットを製造販売したい。

ご提案

当社のお客様でもある、製麺メーカーさんを企業マッチングし、中華、うどん、そば、パスタなど要望、用途にあった商品を提案。
さらに各要望に沿った麺商品を共同開発し、大きな事業として成功した。

担当者コメント

当社のお客様でもある製麺メーカー様と、同じくお客様の惣菜加工メーカー様をマッチングさせることによって、3社が喜べる新たな営業手法を構築することが出来た。双方のお客様に喜んで頂ける、最高の提案になったと思う。

ニーズ

2025年の大阪万博に向けて、ヴィーガン(非動物性食材のみ使用商品)向けの冷凍串カツを商品化したい。

ご提案

大豆を使用した大豆ミートのミンチ、フィレ、ブロックなどを提案し、つくねやカツの代替肉商品を開発。
また、海産物商品の代替として、寒天や澱粉、山芋やナタデココなどを提案し、イカ、エビ、ホタテなど海鮮物代替商品を大手メーカーと共同開発した。

担当者コメント

2020年から続くコロナ禍の中、2025年の未来に向けた提案の1つです。インバウンド需要の復活、大阪万博の成功、その後の日本経済の復活と発展に貢献出来る取り組みだと思う

ニーズ

WEB販売で、奈良県産をコンセプトにした、和洋製菓商品を開発、販売したい。

ご提案

もともとコンセプトとして掲げておられた「奈良県産吉野葛」とダブルコンセプトとして「奈良県産の大和抹茶」を提案。
さらに弊社グループ企業の(有)菓楽と企業マッチングし、共同で商品を開発。試作、検証を重ね、最終的に奈良県産吉野葛入り大和抹茶ロールケーキとして商品化することが出来た。

担当者コメント

昔から、「奈良にうまいものなし」という言葉があります。決してそんなことはございません!!という強い気持ちと熱意をお客様と共有し、商品開発が出来たこと。とてもいい経験になりました。
今では微力ながら地域活性化の一端を担っていると自負しています(笑)

ニーズ

お月見用のイベント商品として、食品と雑貨を使った商品を開発したい。

ご提案

当社仕入れ先メーカー様と依頼元企業様をマッチング。
米粉と澱粉をミックスし、お月見団子ミックス粉として商品化。すすきなどとセットにし、家庭で簡単に作れるお月見用セットとして製品化して頂いた。

担当者コメント

本案件の企業様は、上記取り組みでTVにも出演されておりました。世間でも注目の企業様です。

ニーズ

食パン・菓子パンの品質を改善したい。

ご提案

某製粉会社様の機能性小麦粉を提案。
商品特徴として作業性の改善、添加物不要で柔らかさの持続等、一般小麦粉との差別化をコンセプトとし提案。
試作を重ね、パンの品質改良に成功し採用頂いた。当時、奈良県初取り扱い商品として同業他社より先に提案し切り替えに成功した。
採用後もメーカー担当者と連携しアフターフォローを行い、顧客満足度の維持に努めている。

担当者コメント

パン屋さんの主原料である小麦粉を変更して頂くことは非常にハードルが高く、難しい。
既存の商品との差別化が明確に出せたのが一番良かったと思います。

ニーズ

健康志向に特化したパンを作りたい。

ご提案

日清製粉特約店としての強みを活かし、全粒粉とライ麦粉を提案。また提案の1つとして、女性でも扱いやすい商品重量の軽い商品を選定。提案内容を評価頂き、 提案商品全て採用になった。

担当者コメント

やはり日本一の製粉会社、日清製粉特約店という強みは大きい。当社のなすべきこと、出来ることを実践した採用事例だと思う。

ニーズ

奈良県の大きな祭事で販売する、目玉商品を開発したい。

ご提案

日清製粉特約店の強みを活かし、日清製粉様とレシピ開発から携わり、奈良県食材をコンセプトとした、他にないケーキ商品が誕生した。

担当者コメント

私達商社、卸業の仕事というのは、なかなか名前が表に出ない仕事です。常に裏方に徹し、お客様をサポートする。そして新たな商品を開発し、新しい流通を確立すること。まさにそれを実践し、間接的に地域活性化にも携わり、とても意味のある取り組みになりました。

ニーズ

女性や若者向けのメニューを増やしたい。

ご提案

ダイエットや低糖質をコンセプトとし、澱粉メーカー様とタイアップ。
低糖質澱粉を使用した新しい自家製麵を開発。糖質50%OFFの低糖質ラーメンが誕生した。

担当者コメント

時代に合ったニーズを逃さず、かつターゲットを明確にした提案をしたことが一番のポイントだったと思う。